スターティアで
営業の本質に気付いた。

type A

2016年入社

エリア統括部

竹岡 慧悟Takeoka Keigo

竹岡は負けず嫌いで向上心も高く、まさに営業向きの性格をしている。ただ「営業をしたい」という思いで就活を始めスターティアに入社した竹岡でも、これまで理想と現実のギャップに悩む日々を送った。それでも彼はチームと個人の目標に向き合い続け、営業としての本質に気づき、大きく成長できたという。そんな彼の今までとこれからについて話を聞いた。

就活時の第一希望は「営業職」。
負けず嫌い心をくすぐられて、入社を決めた。

竹岡は、学生時代の比較的早いうちから営業職になりたいと考えていた。中学生時代はバスケットボールクラブの主将として、チームを県大会優勝に導いたこともあり、「かなりの負けず嫌い」と自称する。営業を志望したのは、そんな体育会系な彼の性格と「どうせ働くならたくさん稼ぎたい」という思いからだった。

一方で、働く業界や業種へのこだわりは薄く、スターティアに入社するつもりは当初はなかったという。それでも入社を決めたのは、最終面接でのこと。これまで彼が考えていた「働く」ことへの認識が甘いと指摘されたからだった。「結構ショックでしたが、同時に負けず嫌いな心に火が付きました。『見返してやろう』という気持ちで、入社を決めました」と当時を思い出して彼は笑って話してくれた。

新規開拓も既存顧客への営業も経験。
自分の理想とのギャップに悩む日々もあった。

「学生時代はスポーツばかりやっていましたが、新卒1年目ほど日焼けしたことはなかったですね」と竹岡は語る。入社してまずキャリアプロデュース部に配属され、基本的な研修を受けた後は、期間限定で飛び込み営業を行なったという。扱う商材はその年から始まったAED。晴れの日も雨の日も企業を訪問し続け、AEDの提案などを行なった。「当時は社会的にAEDへの注目度が高かったので、意外と話を聞いてくださる方は多かったです。けれど、成約にはなかなか至らず、それまで抱いていた自分の理想である『どんどん契約を取ってくる営業』と現実のギャップに日々、悶々と過ごしていました」。

キャリアプロデュース部を卒業すると、もっとも規模の大きいエリア統括部に配属された。この部署では、既存顧客へのITソリューションの提案が主な仕事になった。覚えることがたくさんあったが、重要な商談の場には先輩が同行してくれたこともあり、一年目と比較して成果も伸びたという。「当時はいつ見ても携帯電話の履歴は先輩で埋まっていました。自分でも申し訳なくなってしまうくらい、先輩に相談していましたね」。ただ、尊敬する先輩が指導役から外れてしまうと、成果は伸び悩み始め、再び悶々とする日々が始まった。

「どうすれば、先輩のようにお客様に『刺さる』提案ができるのか、試行錯誤を重ねました。そして気づいたのは、先輩と私の、商品とお客様に対する知識量の差です。サービスや商材、訪問先の企業についてとにかく勉強することで、提案内容が以前とガラッと変わったのを実感しました」。
説得力のある提案を編み出すプロセスを組み立てることで、より確度の高い営業ができるようになり、それが自信につながる。それがスターティアで身に付けた一番大きなスキルだと竹岡は語った。

チームで達成感を共有できる、
それがスターティアの営業の醍醐味。

竹岡は現在、練馬区全域と代々木の一部地域の企業を担当している。建設や介護看護系の歴史ある企業が多く社長の年齢層が高い練馬区と、デザイン関係などが多い代々木の企業とでは提案内容はまったく異なる。「ただモノを売るだけではない。お客様自身も気付いていない、その会社に本当に必要なサービスを見つけて提案できる。それがスターティアの営業の面白さです」。

また、営業は個人でなくチームで動くスターティアには、目標を達成した喜びを全員で共有できる小粋なイベントがいくつかあるという。目標を達成したチームには、サイコロが与えられ出た目の数の分だけ、会社から達成会(食事会)の奨励金がもらえるのだ。「サイコロを振るのはもっぱら私ですね。出す目のアベレージが4以上の『運の良い男』なので(笑)。達成感や満足感を共有できる環境があるから、来月もこのチームで一緒に頑張ろうと思えます」。
直近の目標はリーダーに昇進し、自身のキャリアを築くこと。その先には、理想の自分を見据えている。「スターティアは今もベンチャー的な考えを忘れず、新規事業に挑戦している。私も新規事業に声を掛けてもらったり、自信を持って手を挙げたりできるような人間になりたいです」。

one day

ある一日のスケジュール

8:00

出社

メールチェック、スケジュールの確認、訪問の準備、時々朝ごはん。スケジュールはより多くのお客様に訪問することを重視して立てています。

9:00

朝礼

朝礼がスタートします。
毎週月曜日は8:30~全体朝礼があります。

10:00

商談①

一日のアポイントはだいたい3、4件程です。移動時間の効率を考慮し、なるべく1つの地域のお客様にアポイントを組むようにしています。

11:30

ランチ

昼食は基本的に外です。
アポイントによって時間は前後します。

13:00

商談②

お客様自身も気付いていないことを引き出すため、ヒアリングは丁寧に行います。

15:00

定期訪問

パソコンの操作等ちょっとしたお困りごとの解決。アポの間の空いた時間で訪問先付近のお客様に定期訪問をしています。

16:30

商談③

定期訪問に限らず、空いた時間でお問い合わせの対応や納品後のフォローをするようにしています。

18:30

帰社

帰社後は、見積もりの作成、メール返信、案件相談や翌日の準備を行います。

20:00

終業

仕事終わりは、たまに会社のメンバーと飲みにいったりします。

message

即行動と納得できるまでやり抜くこと。

就活でも学生生活でも、まず動く、とにかく動く、思ったらすぐに行動してみてください。その後は妥協せずにやり抜くこと。現実的には、妥協しなければならない時がくるかもしれませんが、少なくとも自分が納得できるまではやり切ってほしいです。
そうすることで、なりたい自分やそれに近づくための目標を見つけられると思います。

OTHER MEMBER

両角 賢人

エリア統括部
マネージャー

宍戸 汐里

エリア統括部

町田 智哉

ネットワークソリューション部
リーダー

黒田 圭織

キャリアプロデュース部

森 一高

エリア統括部
マネージャー