テレアポ、客先訪問……
ゼロからの営業は苦労の連続。
そのたびに成長を実感できた。

type C

2018年入社

キャリアプロデュース部

黒田 圭織Kuroda Kaori

営業、ビジネスパーソンとしてゼロからスタートした彼女は厳しさと楽しさを知った。新卒社員の育成のための部署、キャリアプロデュース部で日々奮闘する黒田は、先輩社員からも「成長株」と評価される努力家だ。そんな彼女に入社してからのこれまでを語ってもらった。

何かがしたい、という志望動機ではない。
入社理由は人に魅力を感じたから。

大学では外国語を学び、将来はツアーコンダクターになりたかった。ただ、就活を始めるころには「BtoBの企業に入りたい」と方針転換。それでも業界や職種は明確ではなかったという。そんなとき、学内の企業説明会で出会ったのがスターティアだった。
「最初はIT企業には、まったく興味はありませんでした。それでもスターティアに目が留まったのは、人事が紹介していた『先輩社員が全員イキイキとした表情をしていたから』です。そんな雰囲気や人の良さに惹かれ、個別の企業説明会に参加することを決めました」。
それでも説明会に参加するまでは、「私は文系だしIT企業は向いてなさそうだから、絶対入社はしない!」と思っていたとか。ただ、その考えは本郷代表との出会いで大きく変わったという。「企業説明で登壇した本郷代表のキャラクターは本当に衝撃でした。少し毒はあるけどとてもユニークな人柄。また、一方的に話すのではなく、私たちに考えさせられるように言葉を投げかけることもありました。『人として正しいことを貫くこと』、『常に変化し続けなければ、人も会社も生き抜けない』。仕事だけでなく、人生そのものについて熱く語る本郷代表の下で働いて、会社や仲間と一緒に成長したい。そう思えたから、説明会が終わるころには『スターティアで働きたい』と決意できたのだと思います」。

キャリアプロデュース部での教育。
試行錯誤しながら、成長を実感できている。

黒田が所属しているのは、新人育成のため部署「キャリアプロデュース部」。入社後に約1か月にわたり人事からのビジネス基礎研修などを行い、その後キャリアプロデュース部へ。その部署では新商材であるトータルソリューションサービス「ビジ助」の提案を中心に営業活動を行っている。「初めてのアポイントを取るまでは何百件も電話を掛けました。正直、何度心が折れそうになったかわかりません」と、彼女は笑顔で語る。
また、初めのころは顧客訪問するときも営業用の「自己紹介シート」がないと自己紹介もできず、悶々と悩んでいたという。「何にも頼らず、自己紹介ができるようになりたいと思っていましたが、私にはこれといったエピソードなどはありません。『どうやったら名前と顔を覚えてくれるのか』と考え、試行錯誤を繰り返しました」。
そのなかで、これまでよりも顧客に覚えてもらいやすいフレーズを編み出した。それは「黒田の黒は黒字の黒」。単純かもしれないが、この一言で話題が生まれ顔と名前をしっかり覚えてくれるようになったという。次第に対話が自然とできるようになり、アポイントが取れるまでの電話数も平均50件に減った。もうひとつ、スターティアで成長できたことがある。それは、分からないことはその場で質問して解決することだ。
「最初は『こいつまた聞いているよ』と思われるのではないかと感じ、正直恥ずかしかったです。ただ、先輩の仕事風景などを見ていて気付いたのは、分からないことをそのままにしていたら成長できないし、お客様にも失礼だということ。だから、今ではたとえ訪問中だったとしても、分からないことがあれば上司に電話をして聞いています」
普段の業務の中で、試行錯誤しながら日々新しい方法を発見する。スターティアでは日々、成長を実感できているという。

入社後に感じた仕事の辛さと喜び。
今の目標は支えてくれた上司のようになること。

入社後に改めて感じた「人の良さ」は、良い意味で想像以上だった。上司や先輩たちからの指導が一方的だと感じたことはなく、忙しくても、自分の時間を割いてでも営業に同行してくれる。まさに、一緒に走り回ってくれたという。
「私が初めて受注したのは7月でした。本格的に営業を始めたのは5月だったので、同期の中でも結果が出るのが遅く、辛い時もありました。そんな時でも肩を並べて力になっていただきました。ようやく決まった時は、自分のことのように喜んでくれて、私よりも目が潤んでいたのが印象に残っています」。
また、キャリアプロデュース部だけでなく、他部署の先輩に電話やメールをすることも多々あった。それでも一度も嫌な顔をされたことはないという。「頑張る人を全力で応援してくれる。スターティアには、そんな風土があるのをいつも感じています」と語る彼女の目標は、今の上司のように、常に笑顔で周りに元気を与えられる人だという。

one day

ある一日のスケジュール

8:10

出社

出社から始業までの間はロープレや
商材の勉強会をしています。

9:00

朝礼

9:30

テレアポ

営業手法は様々ありますが、今はテレアポをメインに行っています。

12:00

ランチ

ランチは基本的に外へ。
支店近くのお店に行くことが多いです。

13:00

訪問①

アポイントが切れたら、訪問へ行きます。

15:00

訪問②

1回あたりの商談時間は約1時間。

17:00

訪問③

移動時間に無駄がないように、効率よくアポイントを取ることを心がけています。

18:30

帰社

大体18:00前後に帰社して、明日のテレアポの準備や商談の練習などを行います。

20:00

終業

終業後は、同期とご飯を食べたり、友人と食事に行ったり、月に1度は部署全体で飲み会が行われます!

message

就活の中で色々と気づくこともある。

私自身、就活する中で色々と軸が変わったので、最初から志望理由や業界などをきっちりと固める必要はないと思います。ただ、せっかくのチャンスを逃さないためにも体調管理はしっかりとしてください。仕事も趣味も就活も楽しんでするのが一番。就活で新しい自分や社会の一面などに気づけたら、どんどん楽しめるようになると思います。まずは体調に気を付けて、就活を乗り切ってください。スターティアでお会いできることを心からお待ちしています。

OTHER MEMBER

両角 賢人

エリア統括部
サブマネージャー

竹岡 慧悟

エリア統括部
リーダー

宍戸 汐里

エリア統括部

町田 智哉

ネットワークソリューション部

森 一高

エリア統括部
サブマネージャー